尾形 百 之 助 コスプレ

「堕姫」のデザインやCV沢城みゆきの演技,迫力のアクションシーンなど,あらゆる点において平均値を遥かに上回るクオリティだった。 にもかかわらず,キャラクターデザインや声の演技など,この作品の魅力は実写ではなくアニメーションという媒体によってこそ輝く。妖怪やお化け、未確認生物などが登場してくるので、オカルトやホラー好きにはたまらない作品です。続編の制作を期待したい。 「錆」や「キノコ」といった新奇な道具立ての割には,最終話の辺りは”セオリー通り”の展開だったのがやや残念だが,本作はなんと言っても碇谷敦のキャラクターデザインが光っていた。